アパートの建築費サポート情報

アパートの建築費には、本体工事費・別途工事費・付帯工事費があります。建築費の他にも経営するには税金や諸費用が必要となります。

アパートの建築費の返済ができなくなったら

ローンで建築費を賄って、いよいよ夢のアパートを経営することになったとします。

最初は新築なので入居率も高く返済も滞りなく進みますが、年数を経るごとに老朽化したり、周囲の環境が変化して返済に影響が出る場合があります。

大学生の一人暮らしを狙って建築したはいいものの、大学が移転したり、少子化で学生が少なくなったりということもあります。

入居者が減れば、当然収入も見込めないため建築費の返済ができなくなってしまいます。

◎空き家問題について≫≫≫http://www.j-cast.com/2017/01/02287174.html?p=all

そうなってしまう前に、何か対策はないのでしょうか。

【アパートローンの借り換え】

もし、今のローン内容で返済が難しいようであれば、他の金融機関でアパートローンの借り換えをすることがオススメです。

ローンを組みなおせば、期間や金利を見直すことができるため毎月の返済額が安くなります。

ただし、既に現在のローンを延滞していたり差し押さえが発生している場合は組み換えはほぼ不可能です。

組み換えをするなら延滞が発生する前にしましょう。

他にも、建物の評価額がローンの返済額よりも高いことや、入居率、連帯保証人がいるかなどの条件があります。

【返済ができなかった場合】

残念なことに、返済が不可能になった物件は「期限の利益」を喪失します。

期限の利益とは、ローンの返済期間と利息によって金融機関が得られる利益のことです。

期限が消滅するため、残債を一括返済しなければならなくなります。

物件を任意売却して得たお金で残りを返済できればいいのですが、大抵は借金が残ります。

そのようにならないためにも、資金計画とアパート経営はぬかりなく行いましょう。

Comments are currently closed.