アパートの建築費サポート情報

アパートの建築費には、本体工事費・別途工事費・付帯工事費があります。建築費の他にも経営するには税金や諸費用が必要となります。

アパートの経営に不可欠な利回り

建築費とローンの問題をクリアできたとして、次にアパートの経営に欠かせないのが「利回り」です。

利回りを考えないと、どのくらいでアパートの建築費が回収できるかの目途をつけることもできません。

また、利回りを理解しないとアパート経営の失敗を招きかねませんのでしっかり理解しましょう。

利回りとは、建築費などの支出に対する、家賃収入などの利益の割合を指します。

【表面利回り】

アパートそのものの収益力を大まかに計算したものです。

不動産会社が提示する利回りは表面利回りが多いとされています。

計算方法は「年間収入(家賃収入)÷購入費(建築費や土地を購入した場合は土地代)」です。

あくまでも、新築時の利回りのため2年目以降の利回りはこの通りにはならない可能性が高いです。

【想定利回り】

常に満室であることを想定した利回りであることから「想定利回り」と呼ばれています。

計算方法は「年間収入÷購入費」で表面利回りと同じですが、想定利回りは常に満室でこの状態が続くという前提です。

【実質利回り】

実際の家賃収入から修繕費や固定資産税、保険料や管理費などを差し引いた金額を元に計算した利回りです。

計算方法は「(年間収入-支出)÷購入費」です。

より確かな収益率を導き出すことができるため、アパートを建築する際には実質利回りを参考にしましょう。

このように、利回りにも種類があるため、業者が提示した利回りがどれを指すのか、初年度だけでなく継続した利益を見込めるかもよく検討してアパート経営をすることが大事です。

Comments are currently closed.