アパートの建築費サポート情報

アパートの建築費には、本体工事費・別途工事費・付帯工事費があります。建築費の他にも経営するには税金や諸費用が必要となります。

アパートローンを上手に利用する

アパートは、建築費の他にも多額の費用がかかります。

自己資金が豊富にある人は一括で支払うことができますが、大抵の人は金融機関で資金を借り入れることで建築費を補うことになります。

アパートローンを上手く利用して、資金計画を立てましょう。

【アパートローンの審査】

ローンを組むわけですから、当然審査が通らないことには話になりません。

金融機関がチェックするポイントは①収益が見込めるか②アパートの物件価値③融資を受ける人の信用度です。

①については、経営によって採算が取れローンを回収することができるか、②はアパートそのものに不動産価値があるのか、③については借入をする人の職業や収入・資産状況がポイントとなります。

通常、建設を請け負うハウスメーカーの営業マンが仲介で金融機関とやりとりしてくれる場合が多いですが、通常懇意にしている金融機関があればそちらで相談をした方が審査が通りやすい可能性があります。

注意したいのは、アパートを建てた土地が「借地」であった場合は土地を担保評価してもらえないため審査は厳しくなります。

専門家と相談し、ローンを取り付けるよう持っていくことが大切です。

【必要な書類】

審査に必要な書類は、①個人に関する書類②不動産に関する書類に分かれます。

①については身分証明書はもちろんのこと、所得を証明する数年分の源泉徴収票や預金通帳の写しが必要になります。

契約の際の印鑑証明や住民票も必要となります。

②については土地・建物の登記簿謄本、公図や平面図・建築確認通知書の写しなどが必要です。

Comments are currently closed.