アパートの建築費サポート情報

アパートの建築費には、本体工事費・別途工事費・付帯工事費があります。建築費の他にも経営するには税金や諸費用が必要となります。

アパートの建築費の資金と内訳

土地を有効活用してアパートの経営をしたいと考える人は意外と多いものです。

現在サラリーマンであっても、家賃収入があれば副業として成り立ちますし、定年後も安定した収入を得ることができます。

事情があって働けない人にとってもオーナーとして家賃収入をメインに生活できることは大きなメリットですが、アパートの経営には建築費がまず必要となります。

【アパートの建築費とは】

アパートの建築費は本体工事費・別途工事費・付帯工事費に大別されます。

本体工事費は、アパートの建物そのものを建築する費用になります。

外観だけでなく、バス・トイレ・台所などの設備もそれに含まれます。

別途工事費は、門扉や外構など本体以外にかかる費用のことを指します。

古い建物がある場合は解体費用も含まれます。

付帯工事費は水道やガス・電気などのインフラにかかる工事費用と捉えてよいでしょう。

【他にかかる諸費用】

建築費以外にも様々な費用がかかります。

ローンを利用した場合は印紙税や登録免許税などの税金、火災保険料は必須になります。

また、ローンを契約した場合の手数料や当面の運転資金(返済額や修繕費)は用意しておいた方がよいでしょう。

細かい話ですが、地鎮祭・上棟式にかかる費用も建築をするのであれば当然発生します。

入居者の募集は不動産業者が行いますが、広告費がかかる場合があります。

「アパートを建てる」ということは事前に用意する資金が大変多く、細かいことがわかります。

何を用意すればよいかを実際に確認しておきましょう。